​星は吊られ、砂は。 攻略 おまけ

「1分を繰り返す世界で、君は。」

 

1分で崩れ落ち、1分で埋もれ 1分で再生される。

ルールさえ守っていれば、 この世界は壊れはしない。

君の幸せはこの世界にあるよ。

-概要-

プレイ時間…1プレイ1分

END…1EDまで10~20分)

制作ツール…RPGツクールMV

使用素材・権利表記…クレジット、DLサイトにて記載

​制作/やかろ

■攻略

1分後に反対側の世界へ行くことができます。

早く行きたい場合はメニュー画面の「さかさまに」を選択。

 

窓とドア、人形たちがいる世界をマップ1

魚や家具等がたくさんある世界をマップ2​

マップ2にいく

家具を複数回調べると魚達が近くまで下りてくるので

3匹全てに最後まで話しかける

マップ1に戻る

3匹の魚に最後まで話しかけていると

ドアの奥から声がする。

最後まで話しかけた後に、マップ2へ。

マップ2で人魚が現れるため

最後まで話しかける。

その後、マウスまたはタッチの用意。

マップ2の「本棚の上側」「棚の上の写真」「クローゼット」

「ベッド奥の棚」「世界の横の黒い部分※画面で見て黒い部分を左右とも」

全てタッチorクリックで調べる

※タッチorクリックでなければ反応しないので注意。

その後、人魚に話しかけると、マップ2の上にある星に

触れられる。触れたら、マップ1へ。

ドアを調べるとある人物がでてくる。

その人物に最後まで話しかける。

アップ2にて人魚に最後まで話しかける。

マップ1にて右側のプレゼントを

タッチorクリックで調べる。

※タッチorクリックでなければ反応しないので注意。

星の砂が見つかるので、見つけた後に

ある人物に話しかける。

その後ドアを調べる。

一度マップ2へいく。

世界のどこでもいいので、タッチorクリック

※タッチorクリックでなければ反応しないので注意。

あとは流れるまま、お話を進めてください。

■ゲームの削除方法について。

 ゲームクリア後、再びはじまりを選択し

 タイトル画面に戻る前に←ボタンを超連打。

(タイトル画面戻るまでずっと連打してないとおそらく

 リセットはされません。

 もしも2週目やりたい方はめっちゃ連打してくださいw)

■人形たちの会話について。

 人形たちの会話はある一定の条件で変化します。

 もしも気になる方は試してみてねッ

・条件1

 魚さんの話を最後まで話をきくと、フラグが1つ立ちます。

 そのたびに5回変化、魚が3匹いるので

 人形さん1つにつき15回分の会話があります!(謎にがんばった)

・条件2

 初めてドアの向こうの彼と話した後、すぐ。

・条件3

 人魚と会話後

・条件4

 人魚に言われた物に手を伸ばした回数分。

 手を伸ばせるものは合計6。

 人形1つにつき6回分会話の変化。

・条件5

 星に手を伸ばした後

・条件6

 ドアを開けた後

・条件7

 星の砂の意味を理解した後

・条件8

 星也が隠れた後。

 

■おまけ

今回はふりーむの1分ノベルコンテストに

参加させていただきました!

縛りがあると意外にさくさく作れて楽しいですね・・・。

ちなみに今回は、千砂の心の世界ということで

作者もシナリオをほぼ書かず、ベタで打ち込みし

作りました。そのためもしかしたら、意味不明な流れに

なっているかもしれませんが、それもそれで、千砂の世界ってことで。

魚達と人形達なんて、心を無にして作者だったらこういうかもしれんって感じで

打ち込んでいるので、相当あれかもですねw

それでは↓から、おまけ(ネタバレ含)です!

・千砂がいた世界は?

 あの世界は星の砂でできた、1分を計る砂時計です。

 そのため1分後に反対側に移ってしまいます。

 正確にはいた、というより、現実の世界で千砂が

 その砂時計をじっと見て、幸せを妄想していた感じです。

 最終的に壊す直前、砂時計に千砂全体の姿が映り

 しっかり妄想ではなく、現実の自分を認識して、戻ることが

 できています。

 またおいしい食べ物があって、プレゼントがある世界。

 それが幸せといっています。

 プレイしたあなたはどうでしょうか?少し物足りない気もしませんか?

 千砂はそれほどまでに、星也と一緒にいられれば良かったのでしょうね。

 もしかしたら、今まで幸せを感じられない環境だったのかもしれませんね。

・星也について

 星也は現実世界で自殺しています。

 千砂に気付かれたくないのと、気づいて次にいってほしいという

 矛盾から、千砂にあの砂時計を贈りました。

 自殺前に止められないように睡眠薬を飲ませ、隣の部屋で。

 気づかれたくないので「あと1分だけ」まってとの意味を込めて

 ボイスレコーダーに声を録音しました。

 逆に1分にしたのは、早く気付いてほしいから。

 一番短いのを選択したと思われます。

(メタでいうと、コンテストが1分という制限だったkいやなんでもない)

・星の砂について

 幸せと勇気などをくれるらしいですよ!

 ちなみに星の砂の砂時計は、正確に時間を計るのに

 向いてないそうなので、どちらかというとインテリア的な感じで

 販売されてるみたいです。

・人魚姫について

 あれも千砂の心が生み出したものです。

 千砂も無意識に認識しているからこそ、人魚姫があの世界に

 でてきたのかもしれないです。人魚がいる世界は千砂がいる現実世界に

 一番似ているので、人魚がいる世界は現実世界の情報がそこそこ

 残っていました。

・彼の動機について

 あの世界は千砂の世界。千砂が知らないことは反映されません。

 だからこそ彼の動機についての情報がありませんでした。

 千砂も知らないし、星也はいない。

 永遠に明かされることはないでしょう。

・招待状について

 最初に調べたとき「・・・・・・い。」といってすぐに

 「招待状」と訂正しています。

 あの時点で千砂はあれが何かを理解しています。

 「い」それはつまり「遺書」です。

・最後に

 あの世界は千砂の心がつくった世界。別の言い方をすると千砂の記憶により

 形作られている部分があります。

 ならなぜ、遺書の内容がわかったのか。

 千砂は本当は一度開けていたのかもしれません。

 そして再び元の部屋に戻り、声に従っていたのかもしれないですね。

 

​千砂のモデル・・・IA+ポケモンのカトレア